持続化給付金の詳細(速報版)発表【R2/4/28現在】

令和2年4月27日、持続化給付金に関するお知らせの速報版が発表されました。

経済産業省「持続化給付金に関するお知らせ(速報版)」

この制度の詳細については、令和2年度補正予算案の成立を前提としているため、現時点では速報版となっておりますが、今から準備できることがありますので、今回は申請受付開始前にやっておきたいことについてまとめてみました。

仮登録

令和2年度補正予算成立の翌日に持続化給付金のホームページにて申請に関する仮登録ができるようになります。補正予算成立に関する報道をこまめにチェックしてください。

必要書類の準備

2019年の確定申告書の控え

個人の場合、2019年分の受領印のある確定申告書の控えが必要ですが、本人控えを作成せずに確定申告をされた方は、管轄の税務署にて「保有個人情報開示請求書」を提出することで、提出した確定申告書の写しを請求することができます。ただし、通常は1ヶ月程度かかってしまうので、時間がない方は税務署にて「閲覧申請」をすることで、当日に確定申告書を閲覧することができます。今回の申請ではスマホで撮影した資料でも有効なので、その場で撮った写真をそのまま申請書に添付すれば良いのですが、収受印欄が塗りつぶされている可能性があり、その場合は資料としては利用できません。

その他の資料

申請要領に記載されている上記以外の必要書類は、どれも事前に準備できるものですので、漏れが無いよう、余裕を持って準備しておいてください。

この記事を書いた人

世良 寛之

世良税理士事務所
所長・税理士