セカンドオピニオンサービス

セカンド・オピニオン・サービス


セカンド・オピニオン・サービスとは

医療の現場では、患者が受ける診療や治療法について、担当の主治医以外の医師に意見を求めるケースが増えています。これを「セカンド・オピニオン」といいますが、患者にとっては、自らの命を託すに相応しい、安心できる治療を受けるためには必要な制度と言えます。

では、税務・会計の世界ではどうでしょうか?

会計処理方法や税務上の判断、節税対策や経営計画の策定などを行うに当たって、複数の税理士に意見を求めることはほとんどないと思われます。

もしも前述の主治医のように、顧問税理士以外に「セカンド・オピニオン」を活用することができれば、企業経営者やご資産家にとっては、税務判断や経営上の意思決定の選択肢が増えることになり、節税対策や相続対策等を行う上で心強い味方となることでしょう。


世良税理士

現在の顧問税理士に対し、次のような不安・不満を感じたことはありませんか?


  • 顧問税理士にいろいろ相談したいが、税理士資格を持っていない若い職員さんしか来られない
  • 伝票や領収書を取りに来られるだけで、毎月の経営状況などの説明がない
  • 最新の税制や改正事項をきちんと勉強していない
  • 資金繰りの相談や銀行との折衝に応じてもらえない
  • 税務調査に対する経験が少なく、アドバイスがもらえない
  • 先代からお世話になっているが、かなりご高齢で気軽に相談できない
  • 相続対策など個人的なことは別の税理士に相談したい
  • 税理士を変えたいが、自社に合った税理士かどうか、いろいろ試してみてから契約したい

世良税理士

もしも一つでも当てはまるようでしたら、ぜひ弊所にお気軽にご相談ください!


現在の顧問税理士との関係はそのままに!

セカンド・オピニオン・サービスは、2人目の税理士として様々な提案やアドバイス、業務のチェックなどを必要とされる方のためのサービスです。したがって、現在の顧問税理士との契約を解除することを強要するものではありません