税理士変更の時期・必要な書類は?

税理士変更の時期・必要な書類は?

お悩み社長

もうすぐ弊社の決算なんですが、顧問税理士変更の意向を伝えるのはどのタイミングがベストでしょうか?

世良税理士

確定申告が完了してから伝えるのが一般的ですが、現顧問税理士との関係により、状況は変わってくると思います。トラブルを避けるためにも、ここは慎重に進めていきましょう。


税理士変更に適した時期は?

税理士の変更はいつでもできますが、個人事業者であれば4月から6月頃、法人であれば申告完了後から上期の間が、変更後の体制を整えやすいという点で適しています。

一方、事業年度末から税務申告完了までの期間は避けたほうが賢明です。悲しいことですが、この期間に解約を申し入れ、トラブルとなり申告をしてもらえなかったという事例もあります。無用なトラブルを回避する意味でも、できたら避けたいものです。

また、「税理士を変更すると、税務調査がやってくるよ」などと言われても、全く動じる必要はありません。この他にも、顧客に不利益となるような言動をされた場合には、後任の税理士や税理士会などに相談することもできますので、ご安心下さい。


税理士変更の流れ

後任の税理士を探し、面談を済ませておく

後任の税理士が決まる前に現在の顧問税理士に解約を申し出ると、場合によってはその日以降の業務を拒否されたり、必要な資料の提供を拒まれるなど無用なトラブルに見舞われる可能性があります。

後任の税理士を先に決めておくと、トラブルのない解約の仕方などのアドバイスも頂けますし、空白期間が生じないよう柔軟に対応していただけると思います。

前任の税理士から回収するデータ・資料・情報の整理

後任予定の税理士と打ち合わせを行い、前任の税理士から回収するデータ・資料・情報等を整理し、チェックリストにします。前任の税理士との間で業務委嘱契約書を交わしている場合は、解約する際の約束事などを改めて確認し、前任の税理士に顧問契約を解除する旨を伝え、前述のチェックリストを渡して下さい。

なお、解約の連絡はお客様ご自身が行い、感情的にならないよう留意して下さい。
(その後の資料の受け渡し等がスムーズに行くようにするためです)

新しい税理士との契約締結~業務の引き継ぎ

正式に新しい税理士との間で業務委嘱契約を結びます。契約内容に不明な点があれば、遠慮なく質問してください。その際、業務引き継ぎのスケジュールや役割分担をしっかりと確認し、少しでも早く原状復帰できるようにしましょう。


お悩み社長

なんとなくモヤモヤしておりましたが、頭の整理ができました。すぐにでも行動に移したいと思います!

世良税理士

ありがとうございます!
私にお手伝いできることがあれば、何でもご相談下さいね!