クラウド会計への移行を検討している方


預金通帳の入力をしなくてもいいの?
POSレジとも連動してるし、便利だよね
給与や請求管理もクラウドで連携!

クラウド会計は日々進化しています。
経理業務の効率化をお考えの方、
新しい仕組みにチャレンジしてみませんか?


クラウド会計を検討している方

人気のcafeさん

知り合いに、『iPadレジを導入するなら、会計ソフトもクラウドにしたら?』って言われたんですけど、一体何のことだかさっぱりわからなくて…

世良税理士

私もよく相談を受けますが、言葉だけ聞くと、なんかとっつきにくい感じがしますよね。
クラウド会計は、最近流行りの会計の仕組みで、特にスモールビジネスをされるフリーランスの方との相性が抜群なので、検討する価値は大いにあると思います!


クラウド会計って…ナニ?

今まで決められたPCでしかできなかった経理業務がスマホやタブレットでできるようになったら…
毎月の膨大な量の銀行預金の入力処理が全て自動化されたら…
レジや給与のデータが自動的に仕訳入力されたら…

ここ数年、クラウド会計を導入する企業や会計事務所が増えてきましたが、その最大の理由は、上記のような『経理業務の効率化』にあると言えます。そこでクラウド会計初心者のために、まずはクラウド会計の特徴をざっくりと説明してみましょう!


  • クラウド会計では、会計ソフトそのものを購入するのではなく、クラウド会計のサービス提供会社に対して使用料を支払うことで、インターネット経由で会計ソフトを利用することができます。
  • クラウド会計を活用すれば、面倒な経理作業のかなりの部分を自動化することができます。
  • クラウド会計では、同様にクラウド上で利用できる給与計算ソフトや請求書作成ソフト、レジソフトなどとも簡単に連携することができるので、経理業務が大幅に効率化されます。

『会計ソフト』には大別して2種類のものがあります。一つは従来からある『インストール型会計ソフト』、もう一つは最近流行りの『クラウド型会計ソフト』です。インストール型会計ソフトは高機能ではありますが、比較的高価で、Windows上でしか動作しなかったり、毎年保守料を払わされるなど、使い勝手が良いとは言えないものでした。

クラウド型会計ソフトは、ソフトウェアをPCにインストールする必要がなく、インターネットに繋がる端末であればいつでもどこでも利用できます。 そのため、業務をリアルタイムに共有することが可能となり、時間や場所の制約から開放されます。

クラウド会計が最も得意とすること

クラウド会計が最も得意とする機能は、『データの自動取り込み機能』です。

『銀行口座の取引明細』『クレジットカードの利用明細』『iPadレジやECサイトの売上情報』『請求書発行サービスによる請求書の売上』『クラウドを利用した給与情報』『スマホで撮影したりスキャナーで読み取ったレシート』などのデータを取り込んで自動的に仕訳を作成・記帳することで、経理処理の大半を占める入力作業を大幅に減らすことができます。

このデータの自動取り込み機能には人工知能(AI)の技術が使われており、回数を重ねるごとに、どんどん自動仕訳の正確性が向上していくため、これまで手作業で入力していた銀行口座やクレジットカードの明細などは、件数がどれだけ多くても数分で入力が完了するでしょう。

クラウド会計のデータ自動取り込み機能によって、入力作業のような単純業務にかかるコストと時間をカットし、その分のリソースを他の前向きな業務に振り分けることで、間接的に売上アップに貢献させることができます。

クラウド会計を始めるにあたって必要なこと

クラウド会計のデータ自動取り込み機能を利用するためには、利用されている銀行口座をインターネットバンキングに登録する必要があります。クレジットカードの明細についても、インターネットからデータで取得できるようWEB明細書サービスなどの登録を行って下さい。

なお、クレジットカードからデータを自動取得する際には、消費税法上の要件を満たす必要があるため、購入時の『ご利用明細』や通販サイトの購入履歴のコピーなどを保存するようにして下さい(国税庁HP https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/shohi/18/05.htm を参照)。

経理初心者やフリーランスは特にクラウド会計をおすすめします!

クラウド会計を導入すると、入力作業のほとんどが手作業から自動へと切り替わります。これは、『簿記の知識がない経理初心者でも経理ができる』ということを意味しますが、更に進んで現場レベルで処理を完結することができれば、経理部門の位置づけが大きく変わる可能性も秘めています。

また、ここ数年QRコード決済が急増していますが、フリーランスの方であれば、事業用の支出をすべてクレジットカードやQRコード決済にすることで、現金の管理や現金領収証等のデータ入力をする必要がなくなります。限られた時間と労力を大切にしたいフリーランスにとっては、会計処理の手間から解放されるクラウド会計は心強い味方となることでしょう。

クラウド会計の導入を支援します!

クラウド会計のメリットばかりを説明しましたが、実は、クラウド会計を導入しても思うように使いこなせず、途中で挫折される方も中にはいらっしゃいます。そこで、『クラウド会計を使いこなせない理由』について、簡単に検証してみましょう。

簿記の知識は本当に不要?

簿記の知識がなくてもできますが、慣れて頂く必要があります。例えば、タクシー代は『なんとなく旅費交通費かな?』、パソコンは『備品だけど、5万円の安いやつなので消耗品費かな?』、売掛金の入金時に『金額が合わないのは振込手数料が引かれてるからかな?』など、取引とか仕訳などという専門用語を知らなくても、『こんな感じかな?』という感覚を増やしていくことで、最終的には、何が経費になるのか、預金残高が合わないときにはどこをチェックすればよいのかといった、いわゆる経理の知識も身についていくと思います。

初期設定が苦手

クラウド会計ソフトと言えども、初期設定をきちんとしないと正しく運用できません。会社情報の他に、期首残高や前年データの登録、辞書機能の読み込み、自動化設定など、初心者の方には結構ハードルが高いように思います。また、運用開始直後は、クラウド会計ソフトの自動学習機能をフルに活用できないので、その都度学習させる必要があります。もちろん、一度登録すれば、次からは自動学習機能が活躍してくれるので安心して下さい。

連動がうまく行かない

クラウド会計は、銀行口座やクレジットカードの取引明細を自動取得したり、レジアプリとの連携ができるはずなのに、なぜかうまくいかない。そのうち嫌になって、使わなくなってしまう…

実は、他の会計ソフトからクラウド会計に乗り換えることもすごく簡単にできるのですが、アプリや周辺機器との連動設定ができていないために、クラウド会計本来のパフォーマンスを発揮できずにいる事例を目にすることがあります。身近に相談できる人がいれば、すぐに解決できることなのですが、なかなか難しいですよね。

世良税理士事務所は、クラウド会計の代表的な会社である『freee(フリー)』と『MoneyForward(マネーフォワード)』の認定アドバイザーを取得しておりますので、クラウド会計ソフトの選定や初期設定、アプリや周辺機器との連動、操作レクチャーなど、クラウド会計導入に必要なサポートをしっかり行うことができます。この機会にぜひ、クラウド会計に乗り換えてみてはいかがでしょうか?


人気のcafeさん

クラウド会計って、とても魅力的ですね。早速導入したいと思いますが、ソフト選びからお願いしても大丈夫ですか?

世良税理士

もちろんです!『freee』と『 マネーフォワード 』の他にも、弊所のソフトと完全連動した『MJSかんたんクラウド』からお選び頂くことができます。下記リンクを参照していただくと、より理解が深まると思いますよ!


クラウド会計ソフトfreeeフリー

クラウド会計ソフトなら「マネーフォワード クラウドシリーズ」